FC2ブログ

apple wanko diary

dog salon 「apple wanko」 の気ままな日記です。

8日水曜日に乳腺腫瘍摘出手術と避妊手術を受けた あーちゃん

一泊入院だった為、手術当日から翌日迎えに行くまでの間、ものすごく時間の経つのが長く感じ、不安で不安で仕方ありませんでした
対面した瞬間、力のない瞳で私を見つめ弱々しく尻尾を振っていました
あーちゃんを抱き寄せた時、色んな感情で胸がいっぱいになり、涙が溢れ出ました

腫瘍は検査機関に送られ約一週間後に結果がでます
それまでは、まだ不安は残りますが・・・傷口は思っていた程、大きな傷ではなかったので、確認した瞬間『よかったぁ・・・』と、少し安心しました

避妊手術の方はと言うと、術前エコー検査の段階で、少し影が映るからもしかしたら水が溜まっているかも?とは言われてましたが、取り出してみると・・・やはり、水が溜まってパンパンになっていました

いつからこの状態だったのかは?だが、今の段階ではまだ悪さをする程のモノではなかったのですが、いずれ子宮内膜炎を起こし、そして細菌の増殖によって膿が溜まると子宮蓄膿症になり避妊せざる終えない結果となっていたらしいです

散々悩んだ結果 避妊手術も受ける事にし、それでも自問自答を繰り返していた私にとったら、やっと終止符を打てる結末でした

抜糸は二週間後、それまではエリザベスカラーを装着しての生活となります

101211_233658_convert_20101213204748.jpg

101211_233847_convert_20101213204813.jpg

普段から ベッタリと甘えたりしない あーちゃんですが、今は不安感からか私を後追いしたり、膝上でスヤスヤ眠ったりと・・・家族の誰かが側で見ていないとクンクンと泣いて訴えます

101211_184245_convert_20101213204627.jpg

101212_074019_convert_20101213204837.jpg

101211_185802_convert_20101213204723.jpg

誰よりも食い意地は張ってますが、退院後は食欲もなく全く食べ物に興味を示さなかったんです
それが一番の心配でしたが、少しずつ口をつけてくれるようになり今では普段通りガツガツご飯を食べる様になりました

101211_185019_convert_20101213204650.jpg

昨日からお散歩を再開しましたが、私の心配を余所に、いつになくハイスピードで先頭きって元気いっぱいに歩く姿を見て私は嬉しさで胸がいっぱいになりました

元気のない愛犬を見るのは本当に辛く耐え難い事です

みんなが健康で長生き出来る様に今まで以上、色んな面に関して気を使いたいと思いました
そして、病気の早期発見の為にもスキンシップは欠かせないと再認識しました

101212_215754_convert_20101213204858.jpg

スポンサーサイト