FC2ブログ

apple wanko diary

dog salon 「apple wanko」 の気ままな日記です。

2月18日が32歳の誕生日である私は数え年で今年33歳を迎えます

33は女の大厄
前厄の年から3年間は良い事も悪い事も当たり年と言われ、何故『御祝い』と言われるのかが??よく解らないのですが・・・先日、華月さんにて両親に御祝いをしてもらいました

DSCF8731_convert_20110206105915.jpg

DSCF8733_convert_20110206111734.jpg

前菜盛り合わせ

DSCF8718_convert_20110206103257.jpg

海の幸の炒め

DSCF8721_convert_20110206103455.jpg

牛バラ肉のトーチ煮込み

DSCF8722_convert_20110206103941.jpg

山芋入りうなぎの春巻

DSCF8723_convert_20110206104308.jpg

カモロースのくんせい揚げクレープ包み

DSCF8724_convert_20110206104357.jpg

豆腐と鹿児島豚のガイウェソース

DSCF8725_convert_20110206104453.jpg

チヌの揚げ物ユールソース

DSCF8726_convert_20110206104543.jpg

カキと春雨のピリ辛煮

DSCF8727_convert_20110206105155.jpg

うなぎとシャケの炒飯

DSCF8728_convert_20110206105311.jpg

おそば

DSCF8729_convert_20110206105417.jpg

杏仁豆腐

DSCF8730_convert_20110206105813.jpg

全11品のコース料理を全て完食
美味しくいただき満足2

厄除け参りは今治の『遍照院』へ行きました

DSCF8734_convert_20110206110127.jpg

DSCF8735_convert_20110206110220.jpg

『やくよけ大師 遍照院は、弘仁6年(815年)、真言宗の御開祖である弘法大師が42歳の御時、四国御巡錫の折、自らの42歳の厄除けと末代緒人厄除けのために、御自身の御尊像をきざみ、もってここに本尊として安置し、厄除けの秘法を残されたと伝えられるお寺です。』

10人程のお坊さんが炎を中心に囲んで座り、お経を唱え、太鼓がドンドコ鳴り響きます
偶然にも太鼓のすぐ後ろに座った私は、太鼓が叩かれた瞬間かなりビックリしてしまいましたが・・・めちゃくちゃ迫力があり『厄除け参りした!!』って実感できました

厄年は飛躍出来る年と言われ、悪い事を追っ払えば残すは良い事だけ

ポジティブに大厄を乗り切ります
スポンサーサイト