FC2ブログ

apple wanko diary

dog salon 「apple wanko」 の気ままな日記です。

4月に受けた健康診断で分かった赤血球の低下、見た目には健康で食欲もあったので…様子を見て後日再検査を受けることに、再検査の結果も同じくかなり低い赤血球数、原因となる要因はないか?レントゲン、エコー等の検査をしたところ、脾臓がかなり肥大していました

赤血球数の低下との因果関係があるのかは?だけど…肥大の原因が腫瘍等の悪影響を及ぼす物だとすれば摘出し病理検査をしなければ分かりません

しばらくの間、投薬で体調を整え手術をする事にしました 脾臓摘出と子宮摘出 エコーでは問題なかった子宮ですが…コトンちゃんの件もあり一緒に摘出をする事をお願いしたのですが、やはり何らかの異変が見られ変色していました

脾臓は何倍にも膨れていたので切開も広範囲で…傷口が痛々しい、手術の翌日退院できましたが、普段から大人しいペルちゃんなので尚更、体調の変化に判別が難しくとても心配でした

DSCF8762.jpg

病理検査の結果・・・やはり脾臓は破裂寸前で組織が破壊されていた箇所もあったそうです。しかし、リンパ腫等はなく脾臓が大きくなった原因は不明ですがひとまず安心

しかし、血液検査の赤血球の数値は徐々に下がる一方で回復の傾向がみられません

もともとペルルは、てんかんを患っており毎日発作を抑える薬を服用しています。因果関係は不明ですが、赤血球の数値を回復させる薬を服用する間は発作を抑える薬はお休みすることにしました

DSCF8760.jpg

医師の話では赤血球を形成する組織が初期の段階で破壊されているのではないかとのことです

しばらくは投薬治療が続きそうです

経過については追々ブログにて報告させて頂きます

DSCF8765.jpg